住宅ローンは何カ月滞納するとやばい?

住宅ローンは何カ月滞納するとやばい?

住宅ローン滞納は何カ月まで大丈夫?

今現在、住宅ローンを何ヶ月滞納していますか?

住宅ローンの返済を1ヶ月滞納したからといって、すぐにマイホームが差し押さえられたり、競売にかけられる心配はありません。

しかし、住宅ローンを滞納しているということは、日々の生活が困窮しているケースが多く、

支払い金や返済金のことを考えるだけでも精神的に追い込まれている人も少なくありません。

このように追い込まれた状態の人の多くが、現実逃避をしてしまいがちです。

 

そのため、早急に対策を講じれば何とかなるような事案にも向き合おうとせず、

債権者からの督促状や催促状などに目を通さない人も少なくないのです。

 

住宅ローンは、1日でも早く対策を取ることで、差し押さえや競売という最悪のケースを回避できる可能性は確実に高くなります。

まずは、自分が今現在置かれている現状をしっかり把握し、これから何をすれば良いのかを理解しておくようにしましょう。

滞納はしていないが、今月の住宅ローンが払えない

今月の支払いが・・・

今現在、住宅ローンの滞納はしていないが、今月分の住宅ローン返済額の目途が立たないとうケースです。

この時期であれば、どのような対策を取ることも可能です。

まずは、なぜ今月住宅ローンが払えないのか?という理由を明確にしてみましょう。
その原因が今月のみのことなのか?

それとも継続していく理由なのかによって対策が変わってきます。

もし、突発的な出費があり、今月だけ住宅ローンが払えないという状況であれば、
銀行の低金利カードローンなどを利用してでも滞納することなく住宅ローンを支払うことをお薦めします。

この際は返済が住宅ローンとカードローンの二重返済になるため、返済額が低く、低金利の借り入れを優先すべきです。

三菱東京UFJ銀行であれば借入額にもよりますが、返済は毎月1000円~と非常に低く抑えることができるので安心です。

以下のリンクより選んでみましょう。

もしもの時のために、カードの審査だけ通しておくと安心です。

↓ ↓ ↓

一時的な滞納回避はメガバンクカードがおすすめです

 

住宅ローンを払えない理由がリストラなど、継続していく理由であれば、
早急に融資を受けている金融機関に相談に行きましょう。

住宅ローンを今月初めて滞納してしまった

今月初めて住宅ローンを滞納してしまったという方は、上記同様に滞納してしまった理由を明確にしてください。

突発的な理由であれば、金融機関に連絡をいれ「○日までには支払いをします」と約束してください。

継続的な理由で支払いが困難なのであれば、上記同様すぐに金融機関に相談に出かけましょう。
こちらは、電話などでなく融資担当窓口に来店するようにしましょう。

少しでも誠意を表わすことで相手側の印象も変わります。

住宅ローン滞納 1ヶ月~3ヶ月

住宅ローンの滞納がすでに2ヶ月や3ヶ月に及んでいる場合ですと、
融資を受けている金融機関から何らかの連絡があっているはずです。

電話が掛かってきているかもしれませんし、督促状催促状が郵便で届いていると思います。

この段階まで来ているのであれば、事態は早急を要しています。

それでも金融機関は、あなたからの連絡を待ってくれていると思います。
早急に窓口に出向き現状を正直に話してみましょう。

それと同時に売却を検討してみる時期でもあります。

これ以上手遅れになると、自由に売却することも出来なくなり、競売という最悪のケースが待っているからです。

この場合、早めの相談をすると得策です。

売る・売らないは別として相談料は無料ですので信頼できる以下の不動産お困りごと対策の専門家に相談してみましょう。

>>>【無料】住宅ローンのお悩みはお任せ任売ナビ

住宅ローン滞納 3ヶ月~6ヶ月

滞納期間が3ヶ月を超えると、住宅ローンの一括返済か売却という選択肢になるケースが一般的です。

融資をしている金融機関は、保証会社へ対して「代位弁済」の申請を行います。
申請を受けた保証会社が、金融機関に対してあなたの代わりに住宅ローンを一括弁済することになります。

代位弁済により、金融機関からの催促はなくなりますが、
当然変わって代位弁済をした保証会社からの督促が行われることになりますので、
債権者が変わっただけで、あなたの現状は何も変わっていないのです。

保証会社は代位弁済した分を一括返済することを要求してきますので、
むしろあなたの立場は追い込まれたことになります。

この時期になると、マイホームを手放す覚悟が必要になります。
今後は競売を避け、なんとか任意売却という方法を認めてもらうことに全力を注ぐしかありません。

当然、素人が保証会社と交渉するよりも、任意売却を専門的に行っている会社に依頼する方が可能性も高くなります

下記のような無料相談がおすすめです。

>>>【無料】住宅ローンのお悩みはお任せ任売ナビ

売却後も、生活が心配な場合は銀行のカードローンも一枚審査を通しておいた方が安心です。

↓ ↓ ↓

大手銀行のカードは即日・低金利とおすすめです。

住宅ローン滞納 6ヶ月以上

ハッキリいって競売開始まで秒読みの段階です。

裁判所から競売開始決定の通知書が届いているのであれば、「時すでに遅し」です。

この時期になると競売をストップさせるには、住宅ローンの一括返済しか方法はありません。

この時期になって任意売却の専門会社や弁護士などに相談しても、
「残念ですが、これでは何も打つ手がありません」と言われてしまうでしょう。

競売後の生活が不安な場合は、カードローン審査をうけておきましょう。

あまり金利の高いところよりは、低い銀行がおすすめですが、銀行でも審査落ちするようであればキャッシングの会社でも良いので生活の立て直しのためにもカードは何枚か持っておくと安心です。

使わないことがベストですが、年会費、手数料がないので信用を失う前に早めの保険をかけておくことをお勧めします。

  • 銀行ボタン
  • 即日ボタン
  • 主婦ボタン
  • おまとめボタン
  • 無利息ボタン
  • 審査が通らない
運営