債務整理中の引っ越し注意点!アパート賃貸契約の審査落ちする?

債務整理中の引っ越し注意点!アパート賃貸契約の審査落ちする?

記事の概要

自己破産や任意整理など、債務整理をしていると一定の期間クレジットカードが作れなくなったり、住宅ローンやマイカーローンが組めなくなるのは良く知られていますよね?

それでは、アパートやマンションなどの賃貸契約に限ってはどうだと思いますか?

債務整理と賃貸物件の関係

私は以前不動産会社で働いていた経験もありますし、自己破産などの債務整理を代行してあげる側の仕事をしていたこともあります。

ですので、今回お話しする内容は私の経験談を元にしているので、信憑性は高いと思ってください。

賃貸契約と債務整理は関係あるのか?

いきなりの結論になってしまいますが、不動産の賃貸契約と債務整理は関係あるといえば有りますし、関係ないといえば無いという中途半端な回答しかできません。ゴメンナサイm(__)m

なぜ、このような中途半端な回答しかできないのか?
それは、各不動産業者や家主によって対応が違うからです。

不動産の賃貸契約をするときに、氏名や住所以外にも、職業だったり、年収を書いたりしますよね。
これは入居審査のために書いてもらっています。
しかし、この入居審査が曲者なのです。

入居審査といっても、クレジットカードやカードローンのように、信用情報機関に問い合わせをする不動産業者はほとんど無いでしょう。
つまり審査をしているのは、不動産業者だったり、家主ということになります。

ですので、審査があると言われても職場などへ在籍の確認が入ることは稀だと思いますし、実際に職場にそのような電話が掛かってきたという人も少ないのではないでしょうか。

このように不動産業者や家主が入居審査をしている限り、自己破産や任意整理といった債務整理をしていたとしても、ほぼ関係なく借りることができますし、そもそも債務整理していることさえバレません。

家賃保証会社が絡むとアウト

最近、賃貸物件の多くが「家賃保証会社」に加入することを入居の条件としていますよね。
このように家賃保証会社へ加入することが、入居の条件となっている賃貸物件であれば、債務整理しているとかなりの確率でアウトだと思います。

家賃保証会社は銀行やカード会社と同じように、信用情報機関から個人情報を入手して審査を行います。債務整理などをすると最低でも5年、最長だと10年は記録が残っていますので、この期間内に賃貸物件の契約をしようとしても、債務整理していることが知られてしまいます。

その結果、やはり入居審査で拒否されたり、最悪でも連帯保証人を付けることを条件に出されることになるでしょう。

家賃保証会社無しの物件を狙う

過去10年以内に債務整理をしているのであれば、より可能性の高い「家賃保証会社加入条件」が無い賃貸物件を狙うようにしましょう。

それと全国展開しているような大規模チェーンの不動産会社よりも、地域密着型の不動産会社、さらに言うなら家族単位で経営しているような小規模不動産会社のほうが入居審査は甘い傾向が強いです。

ただ昔ながらの不動産会社の場合、昔の慣習を続けている場合が多く、必ず連帯保証人を要求される可能性が高くなります。

こんな言い方をしていいのか解りませんが、よく営業マンの求人募集が出ているような地域密着型の中規模不動産が私的には一番狙い目だと思います。
営業マンがコロコロ入れ替わっている不動産業者というのは、失礼な言い方ですが、それだけ管理も適当なケースが多いように思うからです。

~記事のまとめ~
債務整理をしていても10年が経過していれば、審査には影響が無いが、それ以内であれば信用情報機関にデータが残っている可能性が高く、家賃保証会社などが絡むとアウトになるケースが多い。
ただし、不動産会社の入居審査はかなりいいかげんな部分が多いので、地元密着型の中規模・小規模不動産会社を狙うのがおすすめ。

  • 銀行ボタン
  • 即日ボタン
  • 主婦ボタン
  • おまとめボタン
  • 無利息ボタン
  • 審査が通らない
運営