カードローンの返済で、初めての人から返済ができない人までの注意してほしいこと

カードローンの「返済」についてのまとめ

はじめに

こんにちは「お金丸」です。

このカテゴリーは借りた後の返済について知っておいてほしいことをまとめていきます。

借りた後に困らないように、または困った時にお役立てください。

【初めての方】カードローン返済シミュレーション

カードローンを申し込む際に注意してほしいことは、当たり前ですが返済が毎月待っています

いまお金に困っているので、借りることが一番の目標となるのは仕方がありませんが、みなさんに「安全」に借りていただくために返済にも十分注意してほしいのです。

ではどのように安全に借入をしてほしいのか?ということについて、すこしお話をしていきましょう。

 

カードローンを借りるのがはじめての方でクレジットカードのキャッシングなどの分割払いが無い方

このような方はどの銀行、消費者金融でも返済シュミレーションを行い、毎月の支払額をチェックしましょう。

返済の場所が一か所なので、その金額を把握しておけば返済に困ることはありませんね。

 

クレジットカードや他の借入があり、毎月の返済がすでにある方

まずは今ある返済額を借入先にきいてみましょう。

そして新規で借り入れを行う金融機関で返済シュミレーションを行ってください。

例えば

  • A社毎月5000円
  • B社毎月10000円

今回新規で借入を行う返済シュミレーションを行い

  • C社毎月5000円

合計2万円の返済になった際、現在の収入で返済が厳しいか?問題ないか?ということを申し込む前に考えてほしいのです。

もし、返済が厳しいのであれば借りることをあきらめるか、現在ある固定費(家賃、携帯代、光熱費など)を少なくする努力が必要です。

また、毎月の返済額を抑えるための「おまとめローン」などの検討も必要でしょう。

カードローン返済方法と利便性

返済方法は金融機関によって変わりますので、借入審査をする際に詳しくオペレーターや担当者に聞いてみましょう。

ネットで返済できる方法やコンビニATM、口座引き落とし、口座振り込み、店頭など種類は複数あります。

特に女性で返済してるのが見られたくないなどプライバシーを気にする方は、ネットかコンビニATMなどが良いですね。

また、日中忙しい方は銀行ATMが空いていないなどの問題もあるため、24時間返済が可能なコンビニATMを利用できると便利なので対応している借入先を探してみましょう。

カードローン返済期間に注意を!

毎月の返済額が少ないと、毎月の生活費への圧迫が無いので安心して返せますよね。

しかし、ここで注意してほしいのが返済期間です。

期間が長ければ長いほど、利息部分を多く支払いをしなくてはなりません。

例えば、毎月の返済額が3000円 借入10万円 金利18%の場合

年間の利息は簡易的に元本を減らさないで計算すると18,000円です。

3000円の返済だと6回分が利息部分の支払いです。

毎月元本に支払い部分があてられるため、借入元本が少しずつ減ってくるのでこの計算式は完全に当てはまりませんが、簡単に考えると毎月まじめに返済しても半年分はただ利息を支払っているということになります

返済期間が長く、毎月の支払いが少ない場合はこのようなことに注意してできるだけ早めの返済をしてしまうことがお得に借りるコツですね。

カードローン返済できない!相談は?

やばい!返済できない!!!

これはとても大変なことです。

返済が滞ると、金融機関が確認する信用情報が傷つき新たな借入審査に通らなくなるだけでなく、督促状が届いたり、職場に連絡がきたりと状況が悪化します。

返済できない時や厳しい時には、まず借入先金融機関に問い合わせて対応を相談するか、他社のおまとめローンに申し込んで返済を繰り延べするなどの対応をするかを検討してください。

それでもどうしようもなくなった場合は弁護士や司法書士に相談して、法律的解決に持ち込むという手段が残ります。

まずは、そこまでいかないように返済金額を確かめ、シュミレーションを行い、余裕のある返済系確認することが必要です。

注意しながら申込をしましょう。

  • 銀行ボタン
  • 即日ボタン
  • 主婦ボタン
  • おまとめボタン
  • 無利息ボタン
  • 審査が通らない
運営