家賃が払えない時どうすればいい?対策を「東京都消費生活総合センター」に聞いてみた

家賃が払えない時どうすればいい?対策を「東京都消費生活総合センター」に聞いてみた

yatinn

 

家賃が払えない場合、その後の流れはどうなるかと、またどう対処すればよいかについて「東京都消費生活総合センター」に電話取材してきたので、その内容を紹介していきます。

法律で決まっている部分と、大家さんとの契約が優先される部分の二種類に分かれています。

この記事を読まれる際は、ご自分のお住いの賃貸借契約書をお手元に置いて読まれることをお勧めします。

1.家賃が払えないとどうなりますか?

近いうちに失業する見込みで、家賃を払うのが難しくなりそうなのですが、家賃を滞納するとどうなるのでしょうか?

お住いを借りる契約、賃貸借契約といいますが、これは大家さんとあなた、つまり借主の信頼関係の上に成り立っている契約とみなされます。

1ヶ月分程度家賃を滞納したからすぐに追い出されるということはほどんどの場合ありません。
ただ、何ヶ月も滞納していると、大家さんとの信頼関係が破壊されたとみなされて、追い出されても仕方がない状況になってしまいます。

大家さんは物件を建てたり買ったり、つまりお金を出して手に入れた財産をあなたに貸して、その代金として毎月家賃を払ってもらっているわけです。
ただ、あなたとしては住む所がなくなると住民票の登録もできなくなるとか、困ってしまいますよね。
ですから1ヶ月程度滞納したとしてもすぐに借主であるあなたを追い出すことはちょっと厳しすぎませんかということです。

一概には言えませんが、過去の裁判では大体3ヶ月家賃を滞納したら信頼関係が破壊されたとみなして大家さんからの退去要求も有効としています。

家賃を滞納したら督促がかかってくるかもしれませんが、どうすれば良いでしょうか。

家賃を滞納したら督促のお電話なりお手紙などが来ることはあるかと思います。

どのタイミングで来るかは大家さんなり管理会社の判断になりますし、あくまで契約上のことですから一概には言えません。
また、家賃を滞納している以上督促が来るのは仕方のないことです。

ただ、あまりにもひどい督促、深夜の電話や訪問ですとか職場に押しかけてくるとかいう場合は、それはやめて欲しいとはっきり言った上で消費者センターなどに相談することをお勧めします。

家賃全額を払うのが難しくなりそうですが、何か対応方法はありますか?

いずれにせよ家賃は払わないといけませんが、大家さんや管理会社に話をして、「ちょっと今月はこれくらいしか払えないのですけど、必ず払いますから」と言って家賃の一部でも、払える金額だけでも払っておくと良いかもしれません。

家賃を支払う意思があるとみなされて、もう少し住める期間が延びるかもしれません。
そして、滞納してしまった未払い分は近いうちに必ず払うということが結局は必要になります。

そうしないと遅かれ早かれ、大家さんから出ていってくれと言われても仕方のないことになってしまいます。

2.保証人には迷惑はかからないのか?

最初に今の部屋に入るとき、保証人をつけています。例えば1ヶ月分でも家賃を滞納してしまった場合、保証人に迷惑はかかりませんか?

保証人の方にも督促の連絡は行くかもしれませんね。これも契約上仕方がありません。

ただ、先ほども申し上げたようにあまりにもひどい場合は消費者センターに相談することもできます。

私が滞納している家賃を保証人が払うことはできますか?

滞納分の支払いはできます。
その場合は本人、あなたに特に保証人から連絡も必要ありません。

最初の賃貸借契約書に名前を書いてハンコをついている保証人の方でしたら、大家さんや管理会社も把握しているでしょうから、保証人名で振り込めば、あなたの滞納分だと分かります。
その場合は保証人からあなたへ、保証人が支払った分の家賃を請求する権利ができます。
保証人があなたに「滞納している家賃分私が払ったから、返してね」と言うことができるようになるわけですね。
それを免除してもらえるか、待ってもらえるかは保証人とあなたの個人的な関係になりますから、ひとくくりにはできません。

3.家賃を滞納すると延滞料金等はつくの?

家賃を滞納すると延滞料金ってつきますか?

ちょっとお手元にある、お部屋の賃貸借契約書を見てもらえますか。

多分「賃料は月○○万円とする」とか書いてあるところのそばですとかに、滞納した場合の利息が書いてあるかと思いますが。

はい。「賃料を滞納した場合、年利10%の利息を加算して請求するものとする」と書いてあります。

それだと契約が有効で年利10%の利息が付くことになりますね。

延滞金は法律とかで一律いくらと決まっていないのですか?

法律では決まっていません。
あくまでお部屋の賃貸借契約は大家さんなり管理会社とあなたの間での取り決めになりますから、法律は基本的には介入しません。

ただ、あまりにも高い利息、例えばトイチ、十日で10%とかの利息を取られると、お部屋を借りている人はただでさえ家賃を払えないのに、更に法外な利息を請求されて困ってしまいますよね。

ですから法律では年14.6%を利息の上限として、それ以上の利息を契約で決めても無効として、14.6%までに抑えることになっています。

それはつまり、例えば年5%とか10%なら有効だけど、年20%とか契約書に書かれていると14.6%になるということですか?

その通りです。14.6%以上の利息が契約書に書かれていても、14.6%に抑えられます。

4.更新料が払えないとどうなるの?

それと、もうすぐ今の契約期間が過ぎて、更新の時期になるのですが、更新料、例えば家賃の1ヶ月分とかと決められていますよね。これも払えなさそうなのですがどうすれば良いでしょう?

更新料については契約になりますので、一概には言えません。
ただ、最初の賃貸借契約書に「更新時期に○○円の更新料を支払う」等とはっきり書かれている場合は、契約が優先しますから払わないといけません。

はっきり書かれている契約書にサインしてハンコを押したわけですから、もう決まってしまっていることで、その場合はあまりにも法外で高いものでない限り法律ではどうにもできないのです。

方法としては大家さんや管理会社に更新料の免除をお願いするか、更新はしたいけど今ちょっと払うのは厳しいからもう少し待ってもらうかとお願いするしかないです。

契約書ではっきり「更新料を払う」と書かれていました。では、更新料を払えないとすぐに部屋を出されてしまいますか?

それは大家さんなり管理会社とのお話し合いによると思います。

5.敷金について

家賃を滞納して引越になった場合、敷金は戻ってきますか?

敷金は礼金と違って大家さんに払うものではなく、大家さんに「預けて」おくもので、原則は退去したときに返ってくるものです。
ただ、家賃を支払う賃貸借契約は例えば2年とか3年とか、それなりの期間部屋を借りるものですから、その間に家賃の滞納があったり、部屋を壊してしまったりする場合もあります。

退去時に家賃の滞納分があったり、通常使っている以上に部屋が汚れていたり壊れていたりした場合の修繕費は、大家さんが敷金から差し引いてその差額を返還されることになります。

ただし、滞納分は敷金から頂きますよ、という判断は大家さんがするもので、借りている方から例えば今月分は家賃を払えないので、預けている敷金から引いてくださいとは言えません。

敷金 敷金
 →
返還分
大家 借主

【通常は全額返還】

滞納等 控除
敷金   → 敷金
返還分
大家 借主

【滞納分は返還されない】

【コメント】

敷金は通常は全額返ってくるが、家賃滞納や通常利用する以上の破損等があって余分な修繕費分があるとその分は控除される。
判定基準日は部屋を明渡した日。
尚、退去前に家賃を滞納しても借主から「滞納分は敷金から引いてください」とは言えない。

一部に「敷引」と言って、最初から敷金のいくらかの割合を大家さんが取ることになりますという契約もあるので、事前に賃貸借契約書を良く確認しておこう。

6.家賃を待ってもらう交渉、減額してもらう交渉は?

家賃を待ってもらう交渉はできるのでしょうか?

それは大家さんとの話し合いになります。
例えば今月ちょっと厳しいので、来月まで支払を待ってもらえませんかと大家さんにお願いして、大家さんが良いですよと言えば良いです。

たとえ一時的に待ってもらえたとしてもいつかは払わなければいけません。
もちろん待ってくれない大家さんもいるかと思います。

大家さんが待ってくれない場合でも、先ほどお話しした通り1ヶ月分滞納したからすぐに出ていけと言われても、それは大抵の場合は無効になると思います。

今決められている家賃を払い続けるのは難しいです。家賃の減額交渉はできますか?

それも大家さんとの話し合いになります。
大家さんがじゃあ来月から数千円~数万円家賃を少し減らしましょうと言ってくれれば大丈夫です。

ただ家賃の減額交渉には客観的に家賃が高いと言えないと難しいですね。
例えば部屋に備え付けのエアコンが自分のせいでなく壊れているからいくら引いてくれとかの理由は必要です。

その場合でも大家さんがじゃあ私の負担で取り替えますからって言えば家賃はそのままになると思います。

家賃の減額交渉は難しいのですね。

住宅の場合は他にも沢山の物件がありますから、なかなか減額交渉は現実的には難しいと思います。

例えば、現在月10万円の家賃を払って駅から5分の2LDKのお部屋に住んでいます。
けれど家賃が払えないから減額してくださいと大家さんにお願いする。
でも、大家さんとしてもお金を出して買ったり建てたりした建物をあなたに貸す代わりに家賃をもらっているわけですから、家賃を払ってもらえないと困ったことになってしまいます。
大家さんも借金をして経営している方が多くいます。
その際、例えばもう少し家賃の低い、駅から10分とか15分とかの所で新しいお部屋を探して引っ越すとか、もう少し狭い、1LDKで家賃が月7万円とかのお部屋も探せばありますから、そちらに移ってくださいと言われても何とも言えなくなってしまいます。

無理な家賃の減額をしてもらって今のところに何が何でも住み続けるより、払える範囲のお部屋に引っ越すことも考えないといけないですし、結局は無理な家賃を払うよりも良い結果になることもあります。

7.退去の際のお金について

無職になってしまうと引っ越し費用も新しい所に入るための費用も払えなさそうなのですが、どうすれば良いでしょうか。

その場合は各市区町村の役所で住宅確保給付金という制度が用意されています。

基本的には申請するときに無職であることが条件ですが、今お仕事をされていても相談はできますので、そちらにご相談してみてください。

まとめ

今回インタビューしてみて思ったのは、まず電話対応が非常に冷たいということです。

それぞれの契約や大家さんでの対応は違うということで歯切れの悪い回答しかなく良い回答を得ることが難しかったです。

引き続き「家賃が払えない」問題には対処方法にきりこんでいくことにします。

  • 銀行ボタン
  • 即日ボタン
  • 主婦ボタン
  • おまとめボタン
  • 無利息ボタン
  • 審査が通らない
運営