ドコモを強制解約で裁判に?料金未払いに潜む5つのリスクと対処法

ドコモを強制解約で裁判に?料金未払いに潜む5つのリスクと対処法

ドコモ画像

ドコモの携帯料金の支払いが遅れてしまった…
滞納しすぎて強制解約になりそう…
という人もいるのではないでしょうか?

強制解約はクレジットカードやカードローンの審査に通らなくなるなどリスクが大きいです。
そこで強制解約にならないよう支払いしましょう。

<<支払いの目処が立たないならこちら>>
カードローン 特徴 詳細
楽天銀行カードローンバナー 最大31,000楽天ポイントもらえる 楽天銀行詳細
レイクバナー 2つの無利息期間から選べる レイク詳細
アコムバナー 最短即日融資 レイク詳細

ドコモで料金支払い滞納!支払い期限から日数別で起こること

強制解約される条件!最終通告書の無視は危険

ドコモで強制解約されるのは、支払い期限から1か月半後に届く最終通告書を無視した人です。

支払いが遅れるとドコモから以下のような支払いの通知が来るので、それを無視しないことが大切です。

半月後 再振替の引き落とし
1ヶ月〜1ヶ月半後 催告状(請求書付き)
約1ヶ月半後 最終通告書

支払い期限から日数別で起こること!2か月で強制解約に

【約半月後】再振替の引き落とし

ドコモの1か月間の利用料金は、その翌月末が支払い期限になっています。
間に合わないと、さらに翌月の15日ごろに再振替が行われます。

再振替の時に引き落としができれば、利用料金のみの支払いで済むので一安心です。

再振替日に引き落としができないと、利用料金以外のお金(延滞利息)が発生します

1日も早くショップ窓口かコンビニで延滞金を含む利用料金の支払いを済ませ、少しでも負担を軽くしましょう。

【約1か月後】回線が停止する

引き続き支払いができなかった場合は、再振替月の20日~月末までの間に回線が止まり利用停止になります。

もし再振替日に支払いが間に合わなかった人も、この約5日の間に滞納料金を支払えば携帯電話の利用停止にはなりません。

【約1か月~1か月半後】催告状が郵送で届く

回線が止まったまま放置すると、再振替月の翌月初めごろに利用停止中の催告書が郵送で届きます。

この時点で支払えば回線再開は可能ですが、催告状は最後通告のようなものです。

再三にわたって支払いをお願いしたのに、連絡もないしどうなっているのか?
というような内容の文面が届きます。
いよいよ契約解除の一歩手前です。

【約1か月半後】最終通告書が届く

さらに放置した場合、再振替月の翌月15日ごろに契約解除予告と契約解除についてか書かれた通知書がドコモから郵送で届きます

さらに放置すると同月22日ごろ、最終通告書が届きます

このころには、すでに次の利用料金の請求分が再振替されています。

今回分だけ払っても回線は再開されません。

【約2か月後】強制解約になる

最終通告書が届いてもなお放置した場合は、最終通告書が届いた翌月に入って強制解約になります
最初の支払い期限から約2か月後に強制解約が執行されます。

延滞や強制解約したときのリスク

延滞利息が発生!額は小さいがリスクは大きい

支払い期限から15日後の再振替が終わっても支払わない場合、延滞利息がかかるようになります。
延滞利率は、年14.5%で支払い期限からの日数で計算します。

つまり、10000円を30日間延滞した場合
10,000円×0.145×30÷365=約119円
を追加で支払わなければなりません。

金額でみると大したことないように感じますが、遅れれば自分の信用情報が傷ついてしまうため早めに支払うべきでしょう!

延滞金や滞納金は一括払いしないと回線は使えない

延滞金や滞納金は基本的に、一括払いです。

ただし、ドコモお客様サポートに電話して本当に生活が苦しい旨の内容を話すと、分割払いが可能かどうかドコモ料金センターで判断されます。

どんな内容だと分割OKになるのかは一概には言えませんが、切迫している状況ならきちんと説明しましょう。

分割払いでも延滞金や滞納金はすべて支払わないと電話やメール、ネットが利用可能な状況になりません

滞納や強制解約でブラックリストに!信用がなくなるとローンが組めない

携帯会社は信用情報機関に対して、契約者の信用情報を書き込む仕組みになっています。
もし「延滞」や「強制解約」をしてしまうとその情報が残っていきます

信用情報機関に支払いをしていないという情報がたまっていくと、「ブラックリスト」になってしまいます。

ブラックリストになるとクレジットカードやカードローンの申込をしても審査に落ち、使えなくなります

再契約は難しい!新規契約するときはまず未納金をなくそう

ドコモでの再契約は基本的にできない

強制解約後、ドコモで基本的に同じ番号で再契約できません

ドコモからソフトバンクやauに乗り換えても電話番号を変えずに済むようになっています。
ほとんどの方は携帯電話のキャリアを乗り換える際に電話番号を変えないのではないでしょうか?

そのため電話番号が変わってしまうと、家族や友達・勤務先の上司などに「なんで電話番号変わったの」と疑われてしまうかもしれません。

新規契約はできる!滞納金は全額支払おう

強制解約後に、滞納金や延滞金をすべて支払えば新規契約ができます。

ただ延滞金を長い間支払わないでいたり、何度も延滞を繰り返していたりしていると、ブラックリストに登録されているでしょう。

新規契約時も、過去の延滞履歴などを見られ、断られるかもしれません。

ドコモ以外のauやソフトバンク、格安SIMなどの会社で契約する際も、油断はできません。

信用情報は、信用情報機関で扱っており、契約者の支払い能力があるかを管理しています。
情報は、他キャリアにも共有されています。

強制解約後も支払いを放置すると裁判に発展

強制解約後もずっと料金を支払わないでいると、ドコモが簡易裁判所に訴えます

裁判所は「支払督促」を送ってきます。
支払い督促を受け取ったら2週間以内に異議申し立てをすることができます。
もし異議申し立てをしない場合は、ドコモが契約者の預金や給与などの財産を差し押さえ可能な状態になります。

ここで言う、異議申し立ては「未払いは認めるけど、分割払いをしたい」という主張です。
異議申し立てをすると次は、通常訴訟に進みます。
通常訴訟でドコモと和解しなければなりません。

和解をすると、滞納料金の支払いのプランが決定します。

ドコモの延滞金の支払い方法は?再振替が簡単

支払い期限から半月以内なら再振替を待とう

支払い期限を過ぎてから、まだ半月以内の人は再振替を待ちましょう。
再振替までに口座の残高があれば、支払えるので口座にお金を入れておきましょう。

もしそのお金がない場合は、お金を借りてでも入金しましょう。

ブラックリストなどになるリスクに比べると、早めに入金する必要があります。

楽天銀行カードローン案件box

再振替以外の支払い方法

再振替以外にもドコモでは次の支払い方法が用意されています。

  • クレジットカード
  • 請求書
  • iモード

また、以下の場所で支払えます。

  • ドコモショップ
  • コンビニ

ただし、コンビニでクレジットカードや請求書で支払う場合、追加で「コンビニエンスストア所定の取扱手数料」がかかかります。

滞納料金を支払えない時はカードローンで支払うのがおすすめ

カードローンも今は安心!契約方法など

ドコモの料金支払いの延滞を続けていると、信用を失ってしまって、ブラックリストに登録されてしまうかもしれません。

その前に、滞納料金をカードローンを使ってまとめて支払いましょう

カードローンには怖いイメージもありますが、近年は法律も厳しくなり、法律に準ずるところしかカードローンができなくなました。

そのため、安心してキャッシングできるカードローンが増えてきました。

カードローンのメリットは何があるのでしょうか?

カードローンで支払うメリット

分割払いできる

ドコモの延滞金は、基本的には一括払いしか認めていません。
一方でキャッシングサービスでは、どのカードローンも分割の返済ができます。

そのため、毎月一定の支払いだけをすることで返済できるため、月々のお金のプランを設計しやすくなります。

30日間無利息期間がある

アコムやプロミスといったカードローンを初めて使うなら、最大30日間の無利息期間があります。
この最大30日間の無利息期間を使えば、利息を1円も払わないでドコモの支払いができます。

1か月以内にまとまったお金が入って返済できるという人は、使わない手はないでしょう。

何度でもキャッシングできる

1度カードローンのカードを作ってしまえば、何回もキャッシングをできます。

キャッシングが何度もできるので、
「毎月の給料日前にお金が足りなくなってしまう。。」
「給料日の手前にドコモの支払いがあって足りなくなる。」
という人におすすめです。

アコム案件BOX

おすすめのカードローン比較

おすすめのカードローンは、以下を参考にしてくださいね。

  融資時間 特徴 詳細
楽天銀行カードローンバナー 最短即日 楽天IDがあれば申込簡単 楽天銀行詳細
アコムバナー 最短即日 3秒診断ですぐに審査に通りやすいかわかる 楽天銀行詳細
レイクバナー 最短即日 Webだけで完結申込可能 レイク詳細
プロミス 最短1時間 Webだけで完結申込可能 -
アイフル 最短即日 「配達時間えらべーる」で家族にばれにくい -

申込簡単な楽天銀行

楽天銀行カードローンは金利が1.9%~14.5%で限度額最大800万円と銀行ならではのスペックです。

また、楽天IDがあれば申込が簡単なのですぐに申込が完了します。
楽天銀行カードローンボタン

ATM利用手数料無料のバンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは、三菱東京UFJ銀行の口座と提携コンビニATMの利用手数料がいつでも何度でも無料です。

ATMの手数料は数百円ですが、利用するたびにかかっているとばかになりませんよね。

またバンクイックは名前の通り三菱東京UFJ銀行のカードローンなので安心感があります。
メガバンクのカードローンではおすすめです。

バンクイックボタン

今すぐ返済の目処を立てたいならプロミスがおすすめ

強制解約まで時間がないという方は、迷わずプロミスがおすすめです。

プロミスはWebなら最短1時間で融資できるという、他社を圧倒する速さです。
1時間後に強制解約やブラックリストについての問題が解決すると思うと嬉しいですよね。

しかも、Webから申し込むとプロミスなら郵送物が送られてこないので、家族にもばれない親切設計になっています。

さらに、はじめて利用する方なら30日間の無利息期間があります。30日以内にお金を返せば、1円も利子を払わずに済むのでお得ですよね。
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

お金や時間がなくて困っている方にプロミスは優しいカードローンといえるでしょう。

家族にばれたくないならアイフルがおすすめ

アイフルもおすすめのカードローンです。

プロミスと同様に、30日間の無利息期間や、最短30分の審査時間があります

さらに家族にばれたくない人向けの「配達時間えらベーる」というサービスがあります。
キャッシングのカードの配達時間が選べるようになるので、家族が出かけている間に受け取ることができます。

一緒に暮らしている家族がいるけど、キャッシングしたいという人にアイフルはおすすめのカードローンです。

  • 銀行ボタン
  • 即日ボタン
  • 主婦ボタン
  • おまとめボタン
  • 無利息ボタン
  • 審査が通らない
運営