こんにちは「お金丸」です。

こちらのカテゴリは公共料金(電気料金、ガス料金、水道料金、医療費)などの支払いができない時や、生活に必須な携帯電話料金の支払いが滞りそうな時の対処方法について記載してきます。

もし滞納をした場合についても調べましたので、これから次のお金の調達までにかかる時間も加味して記事内容を参考になさってください。

記事の情報は企業やサービス団体に電話して取材をしてきた内容です。
正確性を保持するため、しっかりと調べてきましたので安心して読んでくださいね。

請求書や督促が来ても払えないから放置は危険!

お金が無いのを理由に、支払いの放置をする方がたまにいるようです。

しかし、支払いの放置や無視することは結果としてよくない方向に向かいます。

払えない状態でも支払いが発生した場合、最初に行ってほしいのは払えない時の流れや対処方法について当サイトで確認してください。

なぜかというと初期の支払い遅延に対し、支払先に相談していれば、支払いを待ってくれたり、分割対応してくれたりといくつか選択肢があることがあります。

支払いを無視したらどうなるの?

支払いが滞り、連絡も取れない状況が続くと、サービス側(企業側)は法的手段を取る作業に入ったり、回収作業が必要になったりと、企業側に手間とコストが発生します。

そして、滞納者にとっても企業からの信用を落とす結果になります。

信用の低下だけではなくペナルティーとして遅延金という利息分の支払いが加算されたりと両者にとって不利益が発生ます。

さらに問題になること

最も個人の生活に支障がでるケースは、信用情報機関に滞納者という報告が行き、信用に傷が付くことがあります。

この信用情報機関の滞納者情報は数年間消えません。

そうなるとクレジットカードを作れなくなったり、カードローン審査が通らなくなったり、住宅ローン、マイカーローンの審査落ちという事態にもなりかねません。

 

携帯電話の機種変更や、新規購入の際に、携帯電話本体の料金を月々の通話料などとともに分割支払いするケースが多くあります。

このときにも信用情報に傷があると、携帯本体の分割支払いができず本体を一括支払いで購入しなくてはならない事態にもなる可能性もあります。

 

携帯電話の本体の値段はかなり高額ですので一括で支払うのはなかなか大変なことです。

このように支払いが滞り、滞納し、督促や料金の回収作業を無視する行為はリスクが非常に高い行動です。

そうならないために、初期対処の方法を理解して最悪のケースを未然に防いでほしいのです。

安定した不安のない生活を送るために、PCの方は当ページサイドバー、スマホの方は以下の事項を確認してくださいね。

 

 

運営